前崎徹雄の幼少から青年期の過去話『極道の紋章 外伝2』

若頭の死は大きく成長させた!!徹雄の幼少~青年期の成長記録である。

スポンサーリンク

概要・あらすじ

幼くして両親と生き別れた兄妹。徹雄(松田一三)と尚美(小川あさ美)。徹雄は川谷組とのトラブルで川谷組組長の川谷才蔵(川地民夫)と出会い極道の道へと進む。時は立ち、川谷組の組員として極道修行をしていた徹雄は、若頭でもある津浪裕史(白竜)率いる津浪組の組員となっていた。一方、妹の尚美は兄には内緒で水商売をしていたが、ひょんな事から徹雄と再会をする。そんな中、硬直状態だった津浪組と三田村組との覇権争いが勃発。津浪組若頭五十嵐直人(四方堂亘)の執拗な命令を無視し徹雄がついに動き出した。

(youtube公式ページより引用)

キャスト・スタッフ

出演: 松田一三, 四方堂亘, 宮村優, 宮崎貴久, 白竜
監督: 片岡修二

(amazon登録情報より引用)

ストーリー

【番外編:前崎徹雄】はじまりの物語。両親を失い、妹と2人で浮浪児になり、食う為に盗みを働いた。保護され施設に入れられるが馴染めず…盗みと喧嘩に明け暮れた。川谷才蔵と出会い部屋住みになり、極道修行に励む。

徹雄は津浪組入り、賭場の仕事をする→揉めている三田村組が賭場にやってきて不穏な雰囲気に→三田村組と喧嘩になるが、若頭・五十嵐に怒られる→(妹、兄に水商売していた事がバレる)→妹のお客さん(社長)をぶん殴り→社長が三田村組に泣きつく→徹雄単独で三田村組とドンパチし、組員を射殺→若頭に怒られる→若頭・五十嵐死亡→三田村組に乗り込み、ケリをつける→徹雄、若頭に出世。

雰囲気

舞台は大阪。

津浪組に入りたて組員の頃の話。

演出

半分位は使いまわし回想かも…?妹が本編と外伝では違うのは大人の事情であろう。

星の話

徹雄「こんな趣味があったんですね」と、初めて津浪と星話をする回。

アクション

ほぼ無し。殴り蹴り。ぶん殴り。射殺。メッタ刺し。

ココ好き

  1. 賭場の「できたー」「でけたー」という声
  2. 若頭・五十嵐が命を張って組を守るシーン
 

(PVより引用)

まとめ

本編を見てから、見るべき。とにかく回想が多い。数分前のシーンをすぐ回想する。幼少期から成人期まで、妹想いの兄・徹雄が見られるのも良いです。

ココは見るべき

若頭の死。一番の見せ場!

身をもって部下たちに組として、どうあるべきかを理解させた。「上司の考えは理解できない…ぐぬぬ」と思っている部下たちに「組織に属するとはこういう事だ!」と教えてくれます。カッコイイです。

極道の紋章 外伝2【動画配信】

あわせてどうぞ!

『極道の紋章 外伝』あらすじ・感想(ネタバレ有)

前崎徹雄の幼少から青年期の過去話『極道の紋章 外伝2』
若頭の死は大きく成長させた!!徹雄の幼少~青年期の成長記録である。概要・あらすじ 幼くして両親と生き別れた兄妹。徹雄(松田一三)と...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする