今日も闇に紛れて悪を斬る!!『新・日本暴力地帯 第二章』

人に名乗れぬ宿命(さだめ)を抱いて、闇に紛れて生きていく…

スポンサーリンク

概要・あらすじ

極道社会再建のため、日本最大組織・大和田組の会長代行として、悪しきを裁く鬼頭清次(虎牙光揮)。現在は、一本独鈷を貫く宮川組に身を寄せている、かつての弟分・江島(Koji)と思いがけず再会を果たす。しかし、江島が発端となり、宮川組は大和田組と向き合うこととなってしまう。会長・島村(白竜)より、この件を任された鬼頭の正義の裁きとは?!

(youtube公式ページより引用)

キャスト・スタッフ

出演: 虎牙光揮, Koji, 武蔵拳, 倉見誠, 永倉大輔
監督: 辻裕之

(amazon登録情報ページより引用)

原作

村上和彦 (劇画家) - Wikipedia

昭和極道史〈第4部〉日本暴力地帯 (1977年) (文華コミックス)

ストーリー

粛清シーン→鬼頭、元矢野組の若頭・三宅に会う→宮川組と仙波組がもめる→鬼頭、矢野組長の9回忌に訪れる、その時ショウちゃんの現状を聞く→宮川組に身を寄せる江島と再会し、宮川組長と会う→一本独鈷の宮川組(総勢100人も満たない)は懐事情は辛い、しかし若頭・南郷は食う為に大和田組と繋がっている→坂口が宮川を懐柔しようと試みるが、組長は断固拒否→一方、仙波組と黒田組も揉める→南郷、指を詰めて樋上を仲介で仙波組と交渉するも殺される→鬼頭、この一件の全てを任される→宮川組長、指を切りこの戦争を終結させ、島村と親子盃を交わす→一方、黒田組長と金子は仙波組により射殺→大崎・広瀬、粛清→終了。

登場人物

元矢野組

カタギ:三宅良夫(元矢野組若頭)
会長代行:鬼頭清次(元矢野組若頭補佐

宮川組

組長:宮川文蔵
若頭:南郷親平

若頭補佐:斉藤丈治
幹部:江島政夫(元矢野組若中

六代目大和田組(日本9割を塗りつぶす巨大組織)

会長:島村剛造
舎弟頭/坂口組組長:坂口誠伍
仙波組
若頭/萩島組組長:萩島朝重
若頭:大崎重夫
幹部:広瀬浩二郎(元矢野組 若中)
若中:山田太一
黒田組
組長:黒田義人
若頭:樋上隆三

その他

永心総業組長:長島辰史(死亡)

雰囲気・演出・アクション

時は矢野組長が亡くなってから10年後。

長ドスで斬る。発砲。斬る!!

※シノギ:パチカス女に闇金からの救済(風呂に沈めてもいいけど、クレームつけて恫喝で金を集める)

世の中にクレーマーが多いのは、「仙波組みたいなシノギしてる人が多いって事なのだろうか…」と、ふと思ってしまった。

ココ好き

  • ショウちゃんと墓参りしてるシーン(ほのぼのする、嫁息子できて、息子に「清次」とつける)
  • 宮川組の事務所にある甲冑2体や絵画(21分ごろ)がなんかカワイイ!

 まとめ

宮川組長は矢野組長の二の舞にはならなかったよ!!

勧善懲悪ストーリーなので、善が勝つカタルシス(快感)が味わえる。(ヤクザ社会なので、広い意味で見たら勧善懲悪…なのか?秩序と平和を守っているのだから善なのか?人殺してるので悪なのか?)

しかし、敵対サイドがクッソ下衆でとても良いです!粛清する主人公が際立つ!「新」じゃないほうや漫画も気になります。

新・日本暴力地帯 第二章 [DVD]

あわせてどうぞ!

『新・日本暴力地帯』あらすじ・感想(ネタバレ有)

代行として悪を斬るッ!!その任に就くまでの話『新・日本暴力地帯』
代行として悪を斬るッ!!その任に就くまでの話『新・日本暴力地帯』
秩序と平和をもたらすために、今日も斬る!概要・あらすじ 時は平成。ヤクザと堅気との境界がわからないほど、犯罪が蔓延る日本社会に⇒⇒
スポンサーリンク

シェアする

フォローする