代行として悪を斬るッ!!その任に就くまでの話『新・日本暴力地帯』

秩序と平和をもたらすために、今日も斬る!

スポンサーリンク

概要・あらすじ

時は平成。ヤクザと堅気との境界がわからないほど、犯罪が蔓延る日本社会になっていた。3万人体制を誇る大和田組は、巨大組織なればこそ、ご法度を犯す者も増えていた。そんな中、会長・島村(白竜)直々の命により、影で動く男がいる。鬼頭(虎牙光揮)は、組の秩序と日本の泰平を守るべく「会長代行」の刺青を背負い、悪を斬り続けるのだ。

(youtube公式ページより引用)

キャスト・スタッフ

出演:虎牙光揮 武蔵拳 KOJI 白竜
監督:辻裕之

(DMM登録情報ページより引用)

原作

昭和極道史〈第4部〉日本暴力地帯 (1977年) (文華コミックス)

ストーリー

犯罪が蔓延る日本社会→矢野組と仙波組が揉めるが、一時的に話はおさまる→が、すぐにまた揉めて話は決裂する→矢野組は仙波組(大和田組)と激突する流れ→秋山、石津を射殺→この一件により、大和田組は矢野組をつぶす事を決定する(萩原は仙波組のやり方には疑問を感じている)→秋山、矢野組長(護衛3名他)射殺され、無条件降伏し仙波組預かりとなり、抗争は終結→1ヶ月後、鬼頭島村邸に乗り込み、傷害罪で逮捕→平成21年に、徳島刑務所を出所(8年服役)→出所早々に島村に呼ばれて、日本任侠道再建の為に粛清役(大和田組一門以外の人間で任侠道に命をかけられる人間)を頼む→ショウちゃん、罠にハメられ…と、鬼頭は粛清の任を受ける→仙波を撃ち終了。

登場人物

矢野組(一本独鈷)

組長:矢野徳市
若頭:三宅良介
若頭補佐:鬼頭清次
若中:江島政夫
若中:秋山鉄男
若中:広瀬浩二郎

六代目大和田組(巨大組織)

会長:島村剛造
若頭:萩島朝重

服部組組長:服部浩次(死亡)

若頭補佐 仙波組組長:仙波宇三郎
仙波組若頭:石津豊光
若頭補佐:大崎重夫

雰囲気・演出・アクション

時代は平成13年から平成21年。舞台は大阪。
カタギもヤクザ社会も治安の悪い世の中。

派手なシーンは多くない。長ドス殴る蹴る。射殺。長ドスで乗り込み。射殺。

ココ好き

  • 三宅さん、苦労愚痴話からのはらぺこ発言「わしもはらぺこや」(すごくほっこりする)
  • 矢野組長の息子、ショウちゃん:学生「ヤクザにならない為に勉強する」からの大人「矢野組2代目を目指す」(若ポジションは、どんなに出来の悪い子でも好き)
  • 最初のナレーションが、言いたいセリフである↓↓

「闇社会の住人たちが次々と暗殺される血の粛清劇がくり返されていた」「血を血で洗う暗闘に身を投じる男の物語である」

(ナレーションより)

 まとめ

抗争して負けて逮捕されて、色々あって『会長代行』として粛清役に至るまでのお話。会長代行として動くのは、最初と最後だけ。

中盤は、政治的(話し合い)な部分が多いので、ダレそうにはなる。

一番印象だったのが、結果的にはショウちゃんかもしれない。うん、ショウちゃん!悪に苛められる役って、それを助ける主役も栄えるし悪役のクズ感も映えるし良いよ。何しろ、仙波組にも「ショウちゃん」と呼ばれてるのに笑ってしまった。

あわせてどうぞ!

今日も闇に紛れて悪を斬る!!『新・日本暴力地帯 第二章』

今日も闇に紛れて悪を斬る!!『新・日本暴力地帯 第二章』
人に名乗れぬ宿命(さだめ)を抱いて、闇に紛れて生きていく…概要・あらすじ 極道社会再建のため、日本最大組織・大和田組の会長代行...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする