とある博徒の人生は平穏ではない事は確かです…『殺戮の応酬』

自称ギャンブラー(笑)そんなの生ぬるい、これが博徒の生き方…!!

スポンサーリンク

概要・あらすじ

「最後の博徒」として名高い松浪貞行(峰岸徹)の元には、石野浩太郎(松田一三)、大和挺身隊三代目・東田剛(小沢和義)など、彼の博徒としての生き方に惚れた男たちが集まり松浪組となっていった。松浪は関東の雄・稲原会の聖地である静岡県・熱海での総長賭博、いわゆる「オオガイ」と呼ばれる大規模な賭博の開帳を許されるなど、博徒として全国各地の親分衆からも一目置かれる存在であった。そんな中、松浪組に加入する事になっていた河合啓二(金山一彦)が山賀組弘洋会に加入した為、これに憤慨した石野が河合を射殺してしまう。これが引き金となり、のちに山浪抗争と呼ばれる、山賀組のメンツと松浪組のプライドを賭けた抗争が始まるのであった・・・。

(youtubeページより引用)

キャスト・スタッフ

出演: 松田一三.小沢和義.岡崎礼.峰岸徹.金山一彦.小沢仁志
監督: 境哲也

(amazon登録情報より引用)

ストーリー

主人公(石野)、松浪に惚れ舎弟入りする→
(松浪組、右肩上がり↑色々あるが省略)→博多・雀荘でロシアンルーレット勝負→勝負相手の河合を気に入り松波組に勧誘→
(松波組、絶好調↑↑熱海で大規模な賭場を開帳)→河合「山賀弘洋会に入ったから断る」石野「許さん…!!」で激昂し射殺→山浪戦争始まる→
(松波組、下降中↓一方的に襲撃を受ける/返しはしない)→石野、運試しにより死亡→
(松波組、解散↓↓)→山浪戦争終了→松浪も博徒として人生を終える

雰囲気

賭場。主な舞台は大阪。主人公(石野)は博多人。なので博多少々。

演出

松浪組は「組」とつくが、あくまで博打うちの組織らしい。一般人から見れば、同じにしか見えない。ケンカする組じゃないので、攻撃受けてもひたすら耐えた。

アクション

中盤からは襲撃・射撃シーンはそこそこ。一般人を誤射する。電車から事務所に発砲するシーンは、他で見たことが無かったので新鮮だった。

分からなかった所

「殺戮」さは無い。一方的に攻撃を受けて「応酬」もしてない。

ココ好き

①:OP・EDのBGMかっこいいです。

②:雀荘でのロシアンルーレット↓

(PVより引用)

まとめ

ストーリー結構好きです。カテゴリはバッドエンド?になるのかもしれないが、終わり方(死に方)も良いと思う。博徒の生き方として「運」を首尾一貫してたので、テンポも良くスッキリ見れた。しかし前半の小沢仁志さん(友情出演)の部分はあまりにもアッサリ(紙芝居/モノクロ展開)で、もう少し動いてる姿が見たかった。

ココは見るべき

松田さんを見ましょう!!あとは「運の流れ」!立場は違えども、一般人でも通じる所があるので、共感する箇所があると思う。

殺戮の応酬 [DVD]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする