結婚して婿養子になったら、ファミリーの一員になった『血掟(おきて)』

スポンサーリンク

概要・あらすじ

矢島譲治(白竜)が率いる竜星会。彼らはその結束の強さから”モブスターズ”と恐れられていた。しかし世は群雄割拠。関東では啓仁会、関西から黒崎組が、虎視眈々と竜星会を狙っていた。どんな巨大な組織にも恐れない彼らの強さの秘密は、家族の絆より強い、血の掟にあった。そんな中、竜星会幹部・北川俊蔵(史郎)の婿養子となった大輔(舘昌美)は否応なしに暴力の世界に引き込まれていき・・・

(youtube公式ページより引用)

キャスト・スタッフ

出演: 白竜, 中野英雄, 館昌美, 中薗光博, 高島優子
監督: 片岡修二

(amazonページより引用)

ストーリー

三年前まで暴力の世界とは無縁で生きていた大輔→結婚し北川俊蔵の婿養子になったことで、北川興行の副社長となる→北川俊蔵は竜星会の幹部なので、大輔自身もその身を置く→そんな中、啓仁会が勢力を拡大、竜星会と抗争が勃発し平行のまま膠着状態に(※竜星会は、結束が強く一本独鈷でどこの傘下にも入らない)→関西の黒崎組が関東進出を目論見、その件で啓仁会と竜星会が話し合いするももの別れ→竜星会に黒崎組から執拗に電話でお誘いを受けるも、これを拒否→竜星会が飲んでいるところに、黒崎組稲垣が盃交渉しにくるも拒否→稲垣、竜星会のシマを荒らしそれを報復で病院送りにされる→大輔、羽振りがよくなり夫婦間がギクシャク→黒崎組翔田が盃交渉するもまたも拒否→北川親子で団らん中に、稲垣組に襲撃を受け北川死亡→報復で稲垣組を殲滅→竜星会と黒崎組の話し合いするも決裂→啓仁会が黒崎組と話し合いし、矢島を狙う流れに…→終わる。

登場人物

竜星会

会長:矢島譲治
若頭:草薙功太
幹部:三浦直樹
幹部/北川興業社長:北川俊蔵
副社長→社長:大輔

啓仁会

若頭/松井組組長:松井邦彦
若頭補佐/陣内組組長:陣内誠
若頭補佐/安永組組長:安永嘉朗

黒崎組/関西

若頭/翔田組組長:翔田隼人
幹部/稲垣組組長:稲垣涼介
幹部/里中組組長:里中直也

舞台・雰囲気・アクション

舞台:新宿周辺

雰囲気:エロ雰囲気あるけど、エロくはない。

アクション:全体的に少なめ。初っ端から蹴る。殴る。ドンパチ!ドス。発砲。

BGM稲垣組襲撃時の曲がカッコよすぎる!

草薙さんが花束持ってお見舞いに行くシーン、すごく良いから注目して聞いてほしい)スタッフロールでも流れる。

ここが好き!

  • 竜星会の事務所のハンガーのとこに、何気なく掛かってる銃やらヌンチャク。
  • 要所要所で、啓仁会の3人が状況説明してくれる。
  • 三浦さんのスーツの柄が気になる…。
  • ラストで竜星会の皆様が道いっぱい広がって歩くシーン!
  • 矢島「戦争する覚悟が無かったら、他人の庭には入らんことやな」

気になった所

竜星会は、血の絆?ファミリー感をとても大事にしている!

「組員だけじゃなくて、身内の家族も大事にするんだよ!」っていう表現を表してるのだろうけども、個人的には無くてもいいかな~…と感じた。嫁との描写が、とってつけ感?中途半端な感じがしてしまって、むしろ入れるなら家族団らん多めで欲しかった。

勉強になった!

モブスターズ」って何か分からなかったので、検索した。

なるほど…英単語一つ、勉強になりました!

mobstersの意味 - 英和辞典 Weblio辞書
mobstersの意味や和訳。 暴力団組員 - 約1031万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。

まとめ

一般男性が、結婚して婿養子になったら、組員の一人になって様々な体験をしていく話。

主人公(語り手)は、3年前まで一般人だった。という事を踏まえて、見ていくと良いかも。周りの方々が目立ちすぎて、霞んでる。いや、引き立てているんだ!!

全体を通してみると、

外交(話し合い)シーンが多いので、セリフの言い方やら表情のカッコ良さばかりを見てた。最後の締め部分、ナレーションが良いです!道いっぱいに歩くシーンは、一番好きかもしれない。

諸事情が色々あって、全く作品を見れていなく、久しぶりに見た一発目がこの作品。

PVを見て本編見る前から「あ…これ好きなやつだ!」ってなった。久しすぎてなのか、PVだけで謎のワクワク感があった。「このタイプの作品好きだな~」って思って見たら、好きな監督さんだった。

血掟 [DVD]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする