兄弟に反旗を翻し、もう戻れない衝突寸前の…『日本統一6』

スポンサーリンク

概要・あらすじ

三上組傘下大宮組の大宮が暴走したあげく殺された。氷室(本宮泰風)がその罪を被る。大宮を慕っていた田村(山口祥行)が氷室に反旗を翻し、大宮組の組長になると宣言。今度は田村の暴走かと氷室の身を案じた三上(古井榮一)は兄弟分である侠和会山崎組々長・川谷(小沢仁志)に委ねるのだった。さらに田村は三上を侠和会本家の若頭に押し上げるため、大阪に乗り込むのであった。こうして氷室と田村の激突が目前となる。

(youtube公式ページより引用)

キャスト・スタッフ

監督 ■山本芳久
出演■本宮泰風/山口祥行/小沢仁志/古井榮一/勝矢/野口雅弘/白竜/哀川翔

(youtubeページより引用)

ストーリー

前回までのあらすじ→侠和会、大宮の件について→氷室、大宮殺害の責任を取り、破門を望み謹慎中のとこに田村が殴り込み→田村、三上と大宮の墓前に挨拶→三上、氷室と田村を別々の組にさせ、川谷に氷室を託す→斎藤、拘置所に収監中→田村、大宮組員と結託し、二代目大宮組を継ぎ反旗を翻す→《氷室と田村の回想》→町田、古参幹部らの復帰→三上、氷室を川谷の元へ送り出す→氷室、川谷に挨拶→侠和会の執行部人事(現在の若頭補佐は4名:ミタニ、ババ、三上、川谷から若頭を選出予定)と大阪侵攻の話→川谷と三上の指切りげんまん→氷室、実子分の盃を受けて龍征会の再編成の中、田村が挨拶→襲名式の後、一部の川谷組員から歓迎されず一悶着→川谷と氷室、今後について→尾本、渡部、大和会(信闘会残党の抱え込み)との話し合い→大阪侵攻の準備→4でお馴染みの植木宮本コンビが川谷組二代目継承の挨拶にくる→1で一悶着あった若宮も挨拶→三上組の若頭となった田村、大阪を獲る宣言→侠和会が戦争仕掛けてきそうで、ざわざわする大阪の団体→謙太、大和会の張り込み現場報告→日が変わって、渡部が襲撃されるところを謙太が止めに入るところで、

7へ続く⇒

登場人物

侠和会二代目

会長:工藤雅信
若頭代行/一考会会長:尾本明良

二代目工藤組

(昇進)本部長/組長:渡部圭太

侠和会二代目山崎組

(昇進)若頭補佐/組長:川谷雄一

侠和会三上組

若頭補佐/組長:三上哲也

二代目大宮組
若頭/組長:田村悠人
大宮組若頭:カヤノ

侠和会内三上組→川谷組内龍征会
三上組若頭→川谷組二代目組長/会長:氷室蓮司
理事長→川谷組若頭:斉藤浩樹(収監中)
理事長補佐→川谷組幹部:町田
?→川谷組幹部:中島
?→川谷組幹部:川上

幹部→龍征会二代目会長:菅谷謙太
?→龍征会二代目理事長:石田

その他

五代目極山会直参植木組組長:植木尚人

宮本同友會政治連盟議長:宮本稜治

丸打組系三田組内秋本組若頭:若宮猛

ココが好き!

●このフラグがどうなるのか?

川谷「補佐が頭使こうて、大宮が暴れる。なんや氷室と田村そっくりや。」
工藤「氷室も田村も会にとっては必要な男や。おまえと大宮の轍を踏ませたらあかんで。」
三上「このままやったら、ワシと大宮の二の舞。それだけは避けたい。」

「二の舞になるのではないか?」というフラグをがんがん立てていく。この二人がどうなっていくのか?!を見るのを楽しむ回なのです!

●悠人との対比

三上さんとの別れの時、しんみりしているのに、川谷さんと会ってすぐ川谷組へ尽くす気持ちを示す切替の早さ。この柔軟さ。順応性。

●癒しの斉藤さん

⇒氷室さんとの面会/弾かれて…

氷室「しかし、お前の腹には何が入ってんだ」斎藤「何ですかね?切ったって脂肪くらいしか出てこないですよ」

⇒謙太との面会/謙太の自慢

謙太「頭、聞いてくださいよ。俺、龍征会二代目なんすよ」斎藤「もう何回も聞いたよ!分かったよ!おめでとうさん!」

話の緩急の「緩」の部分。ピリピリした雰囲気続きだったのが、ほっこりするシーン。

●この二人、絆MAXなのでは?

氷室「自分の事なんかどうでもいいんですよ。親父の盃飲ませてもらった時から、自分の身体は親父のものですから。」からの~(途中略)
川谷「たまらんのう…わかったわい。ワシがケツ持ったるさかい。好きにやったりや」

5で過去の因縁が発覚したにしては、忠誠心も信頼度もかなり高い。古参連中を差し置いて、評価+期待されまくりな蓮司さんですね。

悠人との接触!

●最初の殴り込み

田村「親父を裏切るのか!俺を裏切るのか!」

(言葉+行動)一方的に妻子の前で、自分の気持ち吐き出して、ボコボコにする。

●少年期の回想

子供の頃が一緒にやってきたのに…。

そして合わせて、1の街を闊歩するシーンや龍征会の看板を掲げるシーンを思い出してみましょう。あんなに一緒だったのに…おや?なんだか涙が…。

●2代目大宮組襲名の挨拶

(言葉)2回目の接触。お互い侠和会頭は「俺の親父だ!」と宣戦布告。

●墓参りで…

(無視)3回目の接触。墓参りで会うも、もう挨拶も交わさずにすれ違うだけ。

まとめ

子供の時から一緒だったのに、氷室と田村が決裂し、対立していく話。

会うたびに、どんどん二人の距離が離れていっている。6は、序破急の「破」の部分で、期待を煽らせてくれます。

この1話分かけての不仲演出が、決着を最高にしてくれています。

1や4を見返すと、馴染みの人たちが出てきて面白いし、悠人との関係を思い出すと哀しい気持ちになる。あと、指切りしている極道は、なかなかお目にかかれないので、必見です♪

日本統一6

あわせてどうぞ!


相反する考えの二人、事の発端はここから…『日本統一5』

相反する考えの二人、事の発端はここから…『日本統一5』
相反する考えの二人、事の発端はここから…『日本統一5』
概要・あらすじ 秋元(哀川 翔)に見送られ刑務所を後にする氷室(本宮泰風)。出所後間もなく組長・三上(古井榮一)から兄弟分である川谷(⇒⇒

大阪制圧戦と、兄弟ゲンカの終わりの時…『日本統一7』

大阪制圧戦と、兄弟ゲンカの終わりの時…『日本統一7』
大阪制圧戦と、兄弟ゲンカの終わりの時…『日本統一7』
概要・あらすじ 互いの親分の侠を立てる為、氷室(本宮泰風)と田村(山口祥行)は競い合うように大阪進攻を画策する。そんな中、信闘会残党を⇒⇒
スポンサーリンク

シェアする

フォローする