戦争後、塀の中でも魅力に引き寄せられて…『日本統一4』

スポンサーリンク

概要・あらすじ

信闘会の解散で幕を閉じた侠信戦争。
日本極道界の統一を意気込む侠和会二代目会長・工藤(白竜)を尻目に一人煮え切らない態度の川谷。
一方、長崎で服役中の田村(山口祥行)の前に三上からの盃を持って現れる男が・・・。同じく、川崎刑務所に入所した氷室(本宮泰風)だったが、そこにはかつての敵・秋元(哀川翔)の姿が。元信闘会・菅本も加わり、外道うごめく塀の中で代紋を賭けた熾烈な勢力抗争が今、勃発する。

(youtube公式ページより引用)

キャスト・スタッフ

監督 山本芳久
主演 本宮泰風, 山口祥行, 小沢仁志, 小沢和義

(amazonページより引用)

ストーリー

前回までのあらすじ→侠和会は信闘会を解散させたが、信闘会残党を許さず、侠和会は信闘会のシマを乗っ取る形で侠信戦争は終結→山崎さんの葬儀→三上と悠人のスポイト盃→侠和会、幹部会→氷室、入所後植木に寝込み襲われ一悶着→一方、田村、大宮と意気投合→氷室、一揉めしたことにより植木と和解、からの~菅本に喧嘩売られる→荒んでいる川谷に姐さん(山崎の妻)とが→氷室、植木・宮本と盃関係→謙太、氷室と面会するも意図を勘違いし、勝手に行動(川谷組のシマにちょっかい)→氷室、妻と息子と面会→一方その頃、田村が所内で暴れるが、大宮に懐柔されている監視から見逃される、からの~大宮とのほのぼのトーク→侠和会、幹部会→川谷「氷室と親子盃したい!」事を三上に相談→野球からの乱闘→氷室、菅本とサシで殺りあうものの取っ組み合いの末に、菅本に鉄パイプが刺さり死亡→氷室、秋本と盃関係に→5へ続く。

登場人物

侠和会二代目

会長:工藤雅信
若頭代行/一考会会長:尾本明良

幹部/二代目工藤組組長:渡部圭太

※若頭の席は空いている。

侠和会直参二代目山崎組

組長:川谷雄一

侠和会直参三上組

(若頭補佐に昇格)組長:三上哲也

舎弟頭/大宮組:大宮和也

侠和会系三上組内龍征会
三上組若頭/会長:氷室蓮司
副会長:田村悠人
理事長:斉藤浩樹

幹部:菅谷健太

その他

丸打組内三田組幹部/秋本組組長:秋本照政

五代目極山会直参/植木組組長:植木尚人

宮本同友會/政治連盟議長:宮本稜治

元信闘会幹部/菅本組組長:菅本勇樹

氷室の息子:悠太(悠人と謙太から一文字ずつ)

アクション・メモ

アクション:分までほぼ無し。ペンで 鉄バッド。とんかち。殴る蹴る。レンチ。鉄パイプ?がグサーッ!!(事故だよ)

メモ:故山崎義政儀→通夜(11月28日18時)・(告別式)11月29日13時

川谷と三上が飲んでるバー「dining bar Allegrezza」

植木・宮本コンビが好き!

  • ①話しながらテキトウにぺンキ?を塗ってる!
  • ②蓮司さんが挨拶の時に、植木さんがバラの本、宮本さんが植木の本を読んでる!(このシーンを発見した時、何故かテンション上がった↑)
  • ③医務室送りになってしまった植木さん、その晩…宮本さんがめっちゃシクシク泣いてるとこ好き。

まとめ

侠信戦争後、刑務所内での話。

一悶着ありつつも、蓮司さんの魅力に引き寄せられて、所内で仲間が増える!

みんな蓮司さんの事「アニキ!アニキ!」言いたい人が多すぎる。子分だけじゃなく、妻からの信頼度も高いし、蓮司さんの人望の厚さが伺えます。

この後、盛り上がっていく為の種まきみたいな回なので、のちになって、この回の良さが引き立つ!!このあと大宮さんの回とかさぁ!もっと先の回を見た後に、振り返ってこの回を見ると良い。

でもなんやかんや、4で一番印象に残ってるのが、植木・宮本コンビだった!

というか、この二人ばかり注目してたので、他が薄くなってしまった。この二人いいよ!

日本統一4 [DVD]


あわせてどうぞ!

仲裁が入るも平行線のまま…そして塀の中へ『日本統一3』

仲裁が入るも平行線のまま…そして塀の中へ『日本統一3』
仲裁が入るも平行線のまま…そして塀の中へ『日本統一3』
概要・あらすじ 侠和会二代目・工藤(白竜)の新体勢による派閥争いから、三上組と上田(岡崎二朗)率いる信闘会の関係は悪化していた。そんな⇒⇒

相反する考えの二人、事の発端はここから…『日本統一5』

相反する考えの二人、事の発端はここから…『日本統一5』
相反する考えの二人、事の発端はここから…『日本統一5』
概要・あらすじ 秋元(哀川 翔)に見送られ刑務所を後にする氷室(本宮泰風)。出所後間もなく組長・三上(古井榮一)から兄弟分である川谷(⇒⇒
スポンサーリンク

シェアする

フォローする