育て上げてくれた親父をやりに行くよ…『日本統一2』

全ての恩を捨てて、やる覚悟を決めた…!

スポンサーリンク

概要・あらすじ

横浜の不良・氷室(本宮泰風)と田村(山口祥行)はその腕っ節で地元ヤクザを解散に追い込んだ。それをきっかけに命を狙われた氷室たちは、安西組の若頭・秋本(哀川翔)の手引きで大阪へ逃げる。だが相変わらず敵を作っていく氷室たち。ある日、巨大組織・侠和会の川谷(小沢仁志)に認められるものの、同時に侠和会傘下の三上組と対立し、抗争事件に発展する。川谷の助けもあり、氷室たちが三上組に入ることで事態は終局したかに見えたが・・・。一方その頃、侠和会会長の権田(千葉真一)、若頭の工藤(白竜)、そして至誠会会長・川端(梅宮辰夫)たちが、全国の極道を統一するために動き出していた・・・。

(youtube公式ページより引用)

キャスト・スタッフ

出演:本宮泰風,山口祥行,小沢仁志,誠直也,古井榮一,岡崎二朗,松田優,加納竜,曽根悠多,白竜,哀川翔,梅宮辰夫,千葉真一
監督:山本芳久

(楽天・登録情報より引用)

ストーリー

1から8年後、工藤が侠和会の二代目会長となった→尾本から三上へ「直参にならないか?」という打診(山崎と上田は仲が悪いので、出世街道から外れるし今後、出世することもない)→二代目侠和会の人事が決定→悠人が出所→人事の件で、三上が上田に相談後、直参入りする→悠人、山崎に気に入られる→上田、侠和会を抜ける動き→斉藤、撃たれるが大事には至らず→上田ら、脱会し絶縁状が回る→悠人は山崎のボディーガードに→お風呂シーンからの襲撃(山崎、川谷は重体)となり、信闘会会長と上田を倒すまで戦いは終わらない状況に→町田がシモノらを襲撃したところで終了→3へ続く

登場人物

侠和会初代会長:権田誠蔵
侠和会二代目
会長:工藤雅信
二代目工藤組組長:渡部圭太
総本部長/尾本組組長:尾本孝明

二代目侠和会内山崎組

侠和会若頭/組長:山崎義政
若頭/川谷組組長:川谷雄一

二代目侠和会系上田組

幹部/組長:上田秀次
若頭/三上組組長:三上哲也

龍征会
三上組若頭/会長:氷室蓮司
副会長:田村悠人
理事長:斉藤浩樹
理事長補佐:町田駿
幹部:菅谷健太

その他

五代目至誠会会長:川端忠雄
三田組幹部秋本組組長:秋本照政
信闘会会長:島田富士夫

雰囲気・演出・アクションなど

襲撃シーンはそこそこある、けど全体的にあっさり。

一番の魅せ場は、お風呂シーン(もんもんを拝めます)からの襲撃で、脱衣所で死屍累々になってるとこ!

ココが好き!

  • 川谷さんと三上さんのやりとりにほっこりする~!
  • 川谷「みっかみちゃん」の言い方が好き過ぎてつらい。
  • 尾本「相当なイケイケらしいの~」の言い方!(さらっと流れるセリフだけど、なんか好き)
  • 出所後、車中の氷室と田村の2人のやりとりも良いし、~からの車を降りて…三上に挨拶する前のとこで、氷室・田村の後ろで泣いてる謙太がいいよ!
  • 氷室が町田へ「死ぬなよ」の言い方が完全に死亡フラグ。ただ、町田はフラグをへし折る男なので、あっさり相手を殺す。しかし、あの言い方は、「モブキャラなら返り撃ちされて、死ぬフラグだろ!」と勝手に思ってしまった。

好きなセリフ(作中より引用)

三上「わしな…最初からおまえの事は、自分の子分やと思っとったんやで」

⇒めっちゃ泣きそうになった。
襲撃後の色々あってからの、この暖かいお言葉。ここやりとり、かっこいいです。

氷室「親父、盃を返そうなんて人間は、ここには1人もいませんよ」

⇒三上が部下らに「盃を返したい奴は~」の後のとこ。こういう決意表明?シーン好きでさ。

まとめ

久しぶりに見たら、やっぱり面白かった!

上田が脱会して絶縁されたとか、自分を育て上げてくれた親父を殺る流れとか…完全に内容を忘れてた。そう考えると、2代目襲名式前のぐずぐずした話がとても平和ですね。

最初のナレーションで、前回のあらすじの説明してくれるとこで、ワクワク感を感じてしまう。BGMも良いよね!その後に、ドーン!とタイトルがメラメラしてるとこ(火に炙られてる?)を見ると、「ああ、日本統一だ」って謎の安心感!

(公式PVより引用)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする