義兄弟が素晴らしい!!ヤクザとか関係ないと言う不良時代『日本統一』

長い日本統一のはじまり、はじまり!

スポンサーリンク

概要・あらすじ

横浜の不良・氷室(本宮泰風)と田村(山口祥行)はその腕っ節で地元ヤクザを解散に追い込んだ。それをきっかけに命を狙われた氷室たちは、安西組の若頭・秋本(哀川翔)の手引きで大阪へ逃げる。だが相変わらず敵を作っていく氷室たち。ある日、巨大組織・侠和会の川谷(小沢仁志)に認められるものの、同時に侠和会傘下の三上組と対立し、抗争事件に発展する。川谷の助けもあり、氷室たちが三上組に入ることで事態は終局したかに見えたが・・・。一方その頃、侠和会会長の権田(千葉真一)、若頭の工藤(白竜)、そして至誠会会長・川端(梅宮辰夫)たちが、全国の極道を統一するために動き出していた・・・。

(youtube公式ページより引用)

キャスト・スタッフ

出演:本宮泰風,山口祥行,小沢仁志,白竜,哀川翔,梅宮辰夫,千葉真一
監督:山本芳久
脚本:山本芳久,辻裕之

(楽天・登録情報より引用)

ストーリー

田村が出所してきた所からスタート→【過去】時は8年前の横浜に遡る→若宮と揉める→氷室の甥っ子、謙太が金銭トラブルで秋本と話し合い→安西組と揉め解散に追い込む→そして兵庫で龍征会を旗揚げする→秋本、組を立ち上げ蓮司たちを探す→横浜メンバーと合流する→バーで蓮司、川谷と会い忠告を受ける→更にイケイケドンドン!!→謙太三上組にボコボコにされ、龍征会は忠告を受ける(シャバを売り捌き)→蓮司と悠人以外ボコボコにされる→バーで蓮司と川谷の話をし詫びを入れようとするが、時すでに遅し…で、事務所で三上組ともめる→川谷の仲裁と蓮司の指切り、悠人の逮捕で話はおさまる→蓮司、三上と親子盃→【8年後】工藤が、侠和会2代目を襲名して…続く。

登場人物

侠和会会長:権田誠蔵
侠和会若頭/工藤組組長:工藤雅信

 侠和会系上田組

若頭補佐/組長:上田秀次
若頭/三上組組長:三上哲也

龍征会
若頭/会長:氷室蓮司
副会長:田村悠人
理事長:斉藤浩樹
理事長補佐:町田駿
幹部:菅谷健太

侠和会内山崎組

若頭補佐/組長:山崎義政
若頭/川谷組組長:川谷雄一

その他

丸打系安西組幹部:秋本照政(解散前)
五代目至誠会会長:川端忠雄

雰囲気・演出・アクションなど

舞台は横浜→兵庫。

すぐ殴る蹴る!そして嘔吐物。血はそこそこ。発砲。軽い拷問。ドンパチー!指切り。

ココ好き!

  • 龍征会の看板を飾った時の二人。そして何より看板の文字もツボ!(横浜メンバーとの楽しそうで何よりな感じも和む!)
  • 悠人「組員集めって何すりゃいいんだ?」蓮司「とくいなやつ」からのボッコボコ!!
  • 川谷「みっかみちゃん」(このセリフ聞きたくて、この作品見てるところある。言い方が良いよ!)

初心者にオススメする正統派

私が「Vシネ見たことないよー」って人にオススメする作品です。

現時点(2017年5月)で22まで出ていて、流石に「全部見ろッ!!」とは言えないので「まぁまぁ…1作品くらい触りだけでも見てみなよ?(勧誘)」と言う作品です。

「イチから見るのめんどくせぇ…!!オススメのナンバーだけ教えろ!」と尋ねられたら、もっと先のナンバーを勧めますけどね!

もちろん途中のナンバーから見ても、1話内で大体完結してるので楽しめる!!けど結局、シリーズ全体の流れが気になっちゃうから、最初から見た方が最終的には効率良いよ!!

まとめ

横浜でヒャッハー!!して、兵庫で龍征会立ち上げて、ヒャッハー!!して怒られる三上組に入るまでの話。

長い統一物語の始まり!もう何度も見ているけど、久しぶりに見ると初期はとてもヤンチャですね。あと「みっかみちゃん」は無駄にリピート再生。「これでしゃんしゃんや」も使う機会があれば言いたい単語です(そんな機会は無いけど)。

このシリーズの好きなところ

うん、好きな所いっぱいあるけども、結局のところ蓮司と悠人の2人です。主人公だからカッコイイのは至極当然なんだけど…兄弟の絆

私はとても悔しい。「いかに素晴らしいか!」を説明をするに、ふさわしい言葉が出ないことが!!

日本統一

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする