男が女性弱者の為に奔走するに至るまで…『実録・無敵道(むてきみち) 完結編』

今日も一日一生や。良いことも悪いことも今日が全て。

スポンサーリンク

概要・あらすじ

新宿・歌舞伎町の駆け込み寺「無敵堂」には、DV、売春、家出、ストーカーなど悩みを抱える女性たちが日夜駆け込んでくる。「無敵堂」代表・高山幻(小沢仁志)は女性たちの悩みを聞き、命懸けで彼女達を救う。だが、ある日高山を訪ねてきたのは、ワケありの女性ではなく、ヤクザ風の男・久保山(菅田俊)であった。徐々に明らかになっていく高山の知られざる過去ーーー「悪さをした分、償うだけや…」と今日も高山は走り続ける。

(youtube公式ページより引用)

キャスト・スタッフ

出演: 小沢仁志, 江原シュウ, かでなれおん, 阿波加貴文, RINA
監督: 辻裕之

(amazon登録情報より引用)

ストーリー

始まりは幻さんの社長時代の過去→売春していた女子大生の話→DVを受けていた70歳の女性をシェルターに匿うことに→過去の知り合いであるヤクザが無敵堂に訪れる、過去話へ→売春していた女子大生、関係を断ると…ストーカー+リベンジポルノで脅され、無敵堂に相談にくる→過去の話→女子大生、内定先に写真を送りつけられ内定取消しになるが、解決して終了。

※無敵堂

家出、ストーカー、DV、サラ金、覚せい剤、その他男から搾取されている女性弱者を救う駆け込み寺。NPO法人、ボランティアである。

登場人物

高山幻:「無敵堂」代表。
キメジマ:ボランティア募集でやってきた大学生。
マツオカ:探偵、幻さんとは長い付き合い。命の恩人。

売春していた女子大生:リベンジポルノで脅されている
家出娘:(前回に引き続き登場)問題はほぼ解決している
息子にDVを受けてる母親:(最初だけしか出ない)自殺しようとしていた

雰囲気

舞台は新宿、歌舞伎町。
現在と過去の話が交互。殴り蹴りの暴力。ゲス感!

ココ好き

  • 穏やかな時と怒鳴り散らしている時の幻さんの差。
  • 事務所に乗り込んで、ガソリンぶちまけるシーン↓(過去)

(youtube公式ページより引用)

玄秀盛

主人公、高山幻のモデル。実在の人(ナレーション)

玄秀盛

玄秀盛 - Wikipedia

まとめ

幻さんの過去の話がメイン。過去の出来事からどのようにして、現在に至ったのか…が描かれている。締めのナレーション語りも良いです。しかし、リベンジポルノで脅す男が下衆でクズすぎるッ!!フィクションの演出としては最高だけど…現実にも居るわけでなぁ。

実録無敵道 完結編【動画配信】


あわせてどうぞ!

『実録・無敵道(むてきみち)』あらすじ・感想(ネタバレ有)

新宿・歌舞伎町を女性弱者の為に奔走する男『実録・無敵道(むてきみち)』
新宿・歌舞伎町を女性弱者の為に奔走する男『実録・無敵道(むてきみち)』
本人が決めた道をまっすぐ歩いていける様、手伝ってやるだけや。概要・あらすじ 新宿・歌舞伎町にひっそりと佇む「無敵堂」。そこは、弱者⇒⇒
スポンサーリンク

シェアする

フォローする