金の力で全てを支配!巨大組織が内側から崩れていく『裏社会の男たち』

あらゆるものを買収して支配しろ!からの内部分裂!

スポンサーリンク

概要・あらすじ

巨大企業として日本に君臨するヤクザ組織。その総合商社W・R・Cの会長・立花(松方弘樹)は、警察、官僚を買収することで更に強固な組織を築き上げていた。理事長の梅原(小沢仁志)は過去にキャンディマンと呼ばれ恐れられた殺し屋で、会長秘書の多田野(波岡一喜)とは兄弟分の付き合いをしている。ある日、内部にスパイが潜伏しているとの情報が入り、巨大な組織が疑心暗鬼から分裂し始める。

(youtube公式ページより引用)

キャスト・スタッフ

出演: 小沢仁志, 波岡一喜, 菅田俊, 中野英雄, 松方弘樹
監督: OZAWA

(amazon登録情報より引用)

ストーリー

ヤクザが消えた社会。中国組織がBLDデータ/IDチップを狙っている→W・R・Cが「脱税容疑、逆転無罪」報道→【W・R・Cは表向きNPO法人だが中身は元ヤクザ】:検察官僚メディアをも買収し、力ではなく金の力で支配している→内部分裂の危機に?→山中、中国組織にBDL製造データとIDチップ要求される→第3倉庫にて、脱税をリークしたスパイは井出。田村によって拷問からの死亡→梅原トイレで襲撃に遭う/会長はあて逃げ事故に遭い死亡→IDチップや次期会長の事なので揉める→多田野は単独でデータに(ハヤミから没収した)入っていた場所へ向かうと…そこには佐野とフリージャナリストだと思っていたハヤミが…?!で2へ続く。

※BDL(ボーダレス):

依存性が無く価格が覚せい剤より安い。検査しても反応がでない。中国組織が欲しがっているお薬です。

登場人物

総合商社W・R・C

会長:立花
副会長:今野
相談役:佐久間
理事長:田村(中国担当)
理事長:梅原(キャンディ・マン/韓国担当)
副理事:井出
会長秘書:多田野
製薬会社社長:山中

警察/公安0課

警視正:田島
警部補:佐野
警部:浜田
フリージャーナリスト:ハヤミ

雰囲気

舞台は都内。韓国語や中国語もたまに!
年齢層高め向け。溢れる重厚感で落ち着いた怖さである(チョコレートで例えるとビター98%な渋い深さ!)チンピラが「ヒャッハー」という雰囲気は一切無い。

演出

「ヒッ…」ってなるシーンと流血多め。ざくざく刺殺音。ハンマーで足一撃からの頭部バーン!

ココ好き

  1. お食事シーンでほっこりする
  2. 会長「あまる財力を使って検察軍人マスメディアその全てを買収しろ」(←CMで見てとても印象的だった)

(公式PVより引用)

まとめ

巨大企業(中身はヤクザ)の内部分裂と中国組織が仕掛けてくる話。続く前提で作られているので、ストーリーの流れは早くなく「え…あっ…あれもう終わり?!」という感じで終了する。山場は会長が亡くなるシーンだと思うが、ゆるかな起伏なので全体的に淡々としている。

ココは見るべき

オープニングの曲かっこいいよ!!重み、深みあるカッコよさ。

裏社会の男たち【動画配信】


あわせてどうぞ!

『裏社会の男たち 第二章』あらすじ・感想(ネタバレ有)

終盤のアクションが鮮やか!!銃撃戦が楽しい『裏社会の男たち 第二章』
次期会長をめぐっての内部抗争!それぞれの想い。あざやかアクション!概要・あらすじ 会長の事故死、内部スパイ発覚、中国マフィア襲撃と...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする