主従好きは見ればいいのに…アクション最高!!『覇王 凶血の系譜Ⅰ』

アクション最高!鮮やかに蹴散らす無双覚醒シーン最高です!

スポンサーリンク

概要・あらすじ

組織の王である鷲尾軍司の実子である鷲尾大河は、計らずも極道組織の実子として生を受け、組織継承の一人者としての命を受けることとなるが、その並々ならぬ苛烈な道を歩む覚悟を備えてはいなかった。内藤新宿一家の幹部である零時は、そんな彰の教育係兼ボディガードとして擁護にあたりながらも、大河を一人前の “侠”へと成長させるべく孤軍奮闘していく。そして大河が“男”から“侠”へと成長を遂げる過程の中で、零時も非情な組織の在り方と、度重なる抗争をくぐり抜けながら“侠”としての本分を果たしていくのだった。

(youtubeページより引用)

キャスト・スタッフ

出演: 山口祥行, 落合晴音, 渡辺裕之, 小沢仁志, 加藤雅也
監督: 小沢和義

(amazon登録情報より引用)

ストーリー

『内藤新宿一家/新宿木場一家/銀星会/大川会』と均衡が取れていた新宿一帯→しかし、木場一家が資金難により大阪・松波組になびく→内藤新宿一家は怒り、絶縁・粛清→松浪組を襲撃するも、罠により12代目・鷲尾軍司/顧問・土岐雅彦が死亡→舎弟頭・金丸をトップとした代行幹部体制に→12代目葬儀時に、若が水戸に拉致される→零時、救出し終了。

登場人物

内藤新宿一家

12代目総長:鷲尾軍司
顧問:土岐雅彦
舎弟頭:金丸友記
舎弟頭補佐:土岐零時
舎弟頭補佐:司馬晶
舎弟頭補佐:豊武雄

新宿木場一家

総長:中野哲
幹部:水戸昇一
組員:横井貴洋

難波会 松浪組

組長:松浪康照
若頭:山本滋
若頭補佐:大久保聖人

その他

12代目の実子:鷲尾大河
新宿警察署 組織犯罪対策課:秋葉眞一
新宿警察署 組織犯罪対策課:墨田崇

雰囲気

舞台は新宿。

覇王の聖地巡礼に行こう!

【メモ】覇王Ⅰ・Ⅱの聖地巡礼をしよう!
【聖地メモ】 Ⅰ:豊さんが新宿木場一家をボコボコにするとこ ↓お店の扉が一致するので、この辺りでしょう。(新宿ゴールデン街)...

新宿内藤一家は世襲制であり、血を受け継ぐものしか跡目にはなれない。その為、まだ小学生である大河は父・軍司/土岐親子に強くなる為の教育を受ける。

演出

テンポ良い。ストーリーとアクションが良い按配。

アクション

殴り蹴り。ネクタイでしめ。トラックに轢かれる。射殺。数人相手のヘッドショット。車上から撃ち込み。複数人相手の人柱。敵地殴りこみ。

ココ好き

  1. 首にザッと刺して、口に手榴弾入れてポーンってするとこ。
  2. 若がヒモ抜け成功して、すぐに逃げようとするとこ(子供らしさ)
  3. 零時のアクションシーン全般(↓ヘッドショット)

(公式PVより引用)

まとめ

ラストのアクションが一番の見所です!!全体的にカッコいいけど、若の可愛さもほっこりする。そのバランスが良く、テンポも良いのでサラっと見れる。良い意味で「極道極道…」していないので、「ヤクザ系作品に興味あるけど…何見たらいい?」という入門用としてオススメしたい。『若』と『従者』とかね…私の好きな要素が詰まっている作品。若がホイッスル吹いて、零時が覚醒する演出ほんと好き。個人的に「大阪粉モンヤクザ」とか言いたい単語です(使う機会は無いけど)。

ココは見るべき

アクション!鮮やかに雑魚を蹴散らす姿が華麗で爽快です。

覇王 ~凶血の系譜~【動画配信】


あわせてどうぞ!

『覇王 凶血の系譜Ⅱ』あらすじ・感想(ネタバレ有)

兄弟対決と主従好きは見ればいいのに『覇王 凶血の系譜Ⅱ』
世襲制が引き起こす内部分裂!山小屋を蜂の巣に!そして若が少しずつ成長!概要・あらすじ 組織の王である鷲尾軍司の実子である鷲尾大...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする