敵味方を油断させてから、仇討ちしに行く…『極道忠臣蔵』

スポンサーリンク

概要・あらすじ

関西から全国制覇を目指す侠和会。浅川(小沢和義)率いる黒崎組は、関東進出の功労者であるが、若頭・鬼頭からの執拗な嫌がらせにあっていた。耐えかねた浅川は鬼頭を斬りつけ破門、そして、何者かにより暗殺されてしまうのだったーーー。そんな黒崎組に若頭・瀬島(白竜)が刑期を終え戻ってくる。復讐の炎を静かに燃やし、仇討ちへと動き出す。

(youtube公式ページより引用)

キャスト・スタッフ

出演: 白竜, 小沢和義, 本宮泰風, 加納竜, 原田龍二
監督: 片岡修二

(amazonページより引用)

ストーリー

殴る蹴る→関東連合と揉めている黒崎組→その事について、侠和会幹部会で「無駄な争いは避けろ」とお叱りを受ける→新宿のキャバクラで飲んでいるところに、鬼頭と鉢合い煽られて→浅川、鬼頭を斬りつけ破門処分に→これを不服とした鬼頭は、浅川にヒットマンを差し向ける→浅川、ヒットマンにヘッドショットされ死亡→瀬島、刑期を終え出所→鬼頭、瀬島の動きを警戒→瀬島、若と剣道からの北条が訪問→組の復興を願う亡き組長の遺志を継ぎ、黒崎組復活を諦めない→瀬島と北条の剣道シーン→黒崎組の下っ端組員のスパイ活動、鬼頭に現状報告→瀬島、関東連合に話を聞きにいく→黒崎組に組を解散、事務所を明け渡すように言われる→瀬島、毎晩酒浸り(子分ら不服)→北条、瀬島に忠告する「鬼頭を殺せば、侠和会が敵になる」→関東連合からヒットマンの連絡先を教えてもらい、電話でやりとりし直接会う(ここで、浅川を撃った事を吐く)→ヒットマン、瀬島を狙うも返り撃ち→組は解散するも鬼頭襲撃を決意→若、瀬島と盃を交わし鬼頭襲撃に参加→襲撃して終了。

登場人物

侠和会(大阪)

会長:大島義英
若頭:鬼頭耕作(浅川に嫌がらせ)
杉山組組長:杉山
北条:(瀬島とは兄弟分)

黒崎組(北陸から)

若頭補佐/組長→破門:浅川清太郎
若頭:瀬島(刑期を終え出所)
ケンタ(若):瀬島に子分志願し、敵討ち傘下。

※他組員たちの名前がわからない。黒崎組5人で敵討ち。

関東連合

侠和会内部の問題なので、あまり出てこない。

雰囲気・音楽・アクション

雰囲気:仇討ち!つまり、忠臣蔵。

音楽音楽効果を注目して聞いてほしい!!

アクション初っ端から殴る蹴る!

ドスで額を斬り付け。ライフルでのヘッドショット。以降はほぼ無し。ライフルのドアップ。ナイフで刺す。長刀で斬り込み。銃で撃ち合い。

ここが好き!

  • 事務所片付けシーンのセミの鳴き声が切ない。
  • 黒崎組内で揉め、考えが合わない組員が飛び出した時のBGM
  • ラスト襲撃の前に、瀬島を真ん中に5人で歩くシーン、BGM壮大で始まり、襲撃中の曲も激しくて良い。

 最高に好きな流れ!瀬島と北条

最初の剣道シーン(汗びっちょりの2人が良い)

キャバクラで呑んでいるシーン

北条、瀬島に忠告し終わった後の瀬島「また剣道やろうや」「わかった」(兄弟で殺り合うフラグが立って、BGMも泣きそうになる)

決着シーン(①、②でフラグをがんがん立たせて、その期待を裏切らない決着。瀬島「おまえを斬るつもりはない」北条「仕方ねぇんだよ」からのラストの真剣勝負、最高です!!)

破門状から分かること

日付:平成22年8月1日

役職:元侠和会若頭補佐・黒崎組組長

フルネーム:浅川清太郎(51歳)

侠和会会長:大島義英

侠和会若頭:鬼頭耕作

※破門状となっているが、『~~~~(略)日付を以って「絶縁」致しました』と書いてある。

まとめ

極道の紋章ファンホイホイ。

つい最近、極道の紋章がっつり見たおかげで、めちゃくちゃ見やすい安心感。ただそれと引換えに、他の作品よりもストーリーが記憶に残りにくい。

改めて思ったのが、松田さんの死ぬ直前の演技がめっちゃ好き。

総じて、曲がかっこいいのだけども…何故だろうか?

元曲とかあるのだろうか?BGMがカッコイイ事はよくあることだけど…この作品は、音楽効果?(入りやフェードアウト)が最高に私好みだった。

極道忠臣蔵 [DVD]

ホイホイされた他の作品

極道の紋章が好きな人には、特にオススメします『外道軍団』

極道の紋章が好きな人には、特にオススメします『外道軍団』
道を外れた仲間たちが一泡吹かせる…!!しかし外道とは…。概要・あらすじ 全国組織・啓仁会黒崎組組長を襲撃!仙波組幹部・堂島(白...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする