血よりも盃よりも、濃い”鎖”で結ばれた『三代目代行』

スポンサーリンク

概要・あらすじ

日本極道社会の最高峰にある関東黒鉄連合。若頭・榊斎(哀川 翔)は”鎖”と呼ばれる私兵団・左(中野英雄)、大和(本宮泰風)、葉加瀬(史朗)らを暗躍させながら地位を確立していた。ある日、二代目総長の銃殺事件が発生し、首謀者として榊が逮捕される。代わりとして組の舵取りを任せられた若頭補佐・竹脇(加納竜)。空いた三代目の席を狙い幹部らに賄賂を贈るなど躍起になっていた。総長殺しと竹脇の動向に不審感を抱いた榊は、真相を探る為動けない自分の代行として”鎖”を解き放つのだった・・・。

(youtube公式ページより引用)

キャスト・スタッフ

■出演: 哀川 翔, 本宮泰風, 江波りゅう, 史朗, 中野英雄
■監督: 渋谷正一

(amazonページより引用)

ストーリー

日本極道社会の最高峰に立った関東黒鉄連合の二代目が撃たれ死亡→犯人は羅道会で、統制を失った関東黒鉄連合の傘下は無差別襲撃事件が勃発→若頭・榊が警察に連行されている間に、竹脇が総長代行に就く→榊は真相を探るべく「鎖」に探らせる→羅道会は黒鉄連合と警察に追い込まれ、会長は引退、組は解散を竹脇が条件を飲み、襲撃事件は終わった→竹脇は次々と幹部を買収し味方を増やす→幹部会で揉めまくる→一連の犯行に竹脇の実行と突き止め竹脇に引退を勧めるも→竹脇陣営は仁井田を餌に榊をおびき出す→最終決戦(主人公たちの一方的な勝利)/肝臓がん、余命半年の竹脇死亡→竹脇派側近幹部ら引退・猪野自害→榊、三代目に就く⇒続く。

登場人物

元ヤクザ:左
元自衛隊員:大和
元物理教師:葉加瀬
元公安刑事:ひめ
弁護士:仁井田

関東黒鉄連合

二代目総長:川奈 太豪(死亡)
若頭:榊 齋

竹脇組
若頭補佐→総長代行/組長:竹脇 健児
兵藤組
舎弟頭/組長:兵藤 盈

猪野一家
若頭補佐/会長:猪野 礼二

黒岩組
若頭補佐/組長:黒岩 勝治

盈会
若頭補佐/会長:土門 樹生

丸健組
若頭補佐/組長:丸野 健太郎

溝口組
若頭補佐/組長:溝口 邦彦

桑内組
組長:浦木 輝良

羅道会

若頭:茶野 圭右
若頭補佐:京島 喬
若衆:辻 信太郎

その他

神奈川県警・捜査四課:木村 英二

舞台・雰囲気・アクション

演出:おちゃめ・クスッとする(笑う)ポイント多し。

雰囲気:エロ有り(そこそこの尺)。喘ぎ声がBGMのシーンがある。

アクション:射殺。拷問(グーで殴る/火炙り/ペンチのようなペンチ)。殴る蹴る!ドリル音。ボーガン。首シュパッ!ってしたり。射殺など。

その他:キャバクラの名前「CLUB FARFALLA」

ここが好き!

  • おしゃれなBGMなオープニング。
  • エロいシーンで、壁に飾ってある「アヒル」の絵がかわいいので、気になってエロに集中できない。
  • 幹部会で揉みくちゃな取っ組み合い!
  • 葉加瀬「マキャベリストですよ、親父は」がすごい好き。
  • 仁井田さんを救出して「ありがとう」を言わせるシーンにほっこりする。
  • 猪野さんが自害した時に、顔に飛んできた血を拭き取る兵藤さんの動きや顔やら…!!全体的にみんなの「うわぁ…」顔が好き。
  • 女房に逃げられた仁井田さんが、シクシクしてるのを皆が慰めてるとこ。大和「こういう時は胃をカラッポにしちゃだめなんだぜ!」の言い方がすき。そして、コーヒーを置く優しい気遣い。

 名言をありがとう

ひめ「私…やくざは嫌いだけど、やくざとのセックスは好き」

葉加瀬「君主は、悪しきものであることを学ぶべきであり しかもそれを必要に応じて使ったり使わなかったりする技術も、 会得すべきなのである(ニッコロ・マキャヴェッリ)」

葉加瀬さんは一体何の本を読んでいるのか??

知りたかったけど、拡大しても分解析できなかった…;

まとめ

全体的におちゃめな演出が多い印象なので、クスクスして見やすい。

セックスからの拷問シーン(ほぼ間を空けずの)は、惹き込まれる演出ですね!

極道要素が薄めなので、極道感をお求めの方には物足りないかと。しかし、拷問シーンの過激さもあるので、総合的にみたらプラマイゼロかもしれない??

三代目代行 [DVD]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする